人気の木の家について関心のある人必見!豆知識や基本情報を詳しく紹介します

当サイトでは、人気を集めている木の家について、豆知識や基本情報を詳しく紹介しています。
木の温もりを感じられる家を建てたいのなら、参考になるかも知れません。
憧れる人も多い、木で出来ている家を建てるにあたっての留意点も解説しています。
ほかの建材とは異なる木材をメインに使った家ならではの注意点を知っておくと安心です。
また、木造の注文住宅の相場額はどれくらいかも解説しています。
予算を考える際の参考になるはずです。

人気の木の家について関心のある人必見!豆知識や基本情報を詳しく紹介します

住まいを手に入れるのならば、人気の木の家にこだわりたいという人は多いのではないでしょうか。
天然の木材の温もりが感じられる、無垢材を使った木の家は、風合いが良く落ち着ける室内空間が魅力です。
また無垢材の木の家は、ビニールクロスの内装の住宅と比較すると調湿効果が高いといわれています。
さらに吸音性にも優れているので、快適な生活ができるでしょう。
とはいえ天然の木の家ならではの反りや曲がり、白アリ被害の恐れがある点は知っておきたいところです。

木の家とは具体的にどういった建物を指すのか?

木の家とは、鉄骨造りやコンクリートとは違い天然の木材を主に使って建てられた建物です。
ヒノキや杉、ウォルナットなどがよく使用されます。
ヒノキは耐久性に長けており、杉は乾燥が速く梁部分などに適しています。
ツヤがあり加工しやすく人気を呼んでいるのが、ウォルナットです。
どれもそれぞれ風合いのある木目で、あたたかみがあります。
予算や好みなどによって、使用する木材の種類を選んで建てていきます。
木の家は調湿効果が高く、夏は涼しく冬場は暖かく過ごせる点がメリットです。
鉄骨やコンクリートの建物よりも熱伝導率が高いのです。
そのほかにも吸音性が高い家になり、周りの騒音や生活音の反響を防ぐことができます。
天然木材はクッション性もあり、子供やシニアが転んでも怪我しにくい家としても人気があります。
自然な木の香りにはリラックス効果も期待できるので、穏やかにのんびり和む居心地の良い空間としても人気です。
今や木の家は住宅展示場でも注目される存在です。

木の家に住むことのメリットには何がある?

木の家に住むメリットはまず、住環境が快適になることです。
具体的にはまず断熱性と調質性が高いことです。
壁紙と比べて木を貼った壁のほうが断熱性が高いですし、全体に断熱材を入れやすいことから、魔法瓶のような光熱費のかからない家にしやすいです。
調質性については、木が呼吸をするため化学由来の素材よりも、湿度を快適に保ってくれるのです。
他には木が音を吸収するため、音響も優れています。
合板のフローリングと壁紙の一般的な部屋は、新築時からどんどん劣化していきます。
しかし木の家はメンテナンスをすることで、年々味わいが増していきます。
蜜蝋のワックスや乾煎りした米ぬかを使って磨くと、自然な風合いの輝きになります。
無垢材を全面に貼った部屋ならば 、時間が経つにつれて全体の味わいが増すのです。
最後に一般の木造住宅よりも資産価値が高い点です。
メンテナンスをすれば快適に住み続けられるので、中古市場で値下がりしづらいです。
それでも木造住宅ですから、固定資産税が安くてすみます。

木の家に使われる木材の種類と特徴を知ろう

木造住宅として馴染み深い木の家は、調湿性や断熱性に優れていることから日本の気候に適し、昔から親しまれてきました。
木の家に使われている木材の種類は様々で、特性によって使われる場所も違います。
木材の種類は大きく分けると無垢材と集成材の2つがあります。
無垢材は伐採した1本の木をそのまま材料として使うため、木材がもつ温もりや香り、機能などがそのまま楽しめるのが魅力です。
集成材は小さめにカットした乾燥木材を組み合わせた建材で、加工されたことから無垢材のような木特有の機能は低下していますが、大量生産でき安いという特徴があります。
無垢材ではスギやヒノキなどが一般的で、外国産のものだとヒノキ科の樹木やオークなどが利用されます。
スギは柔らかいため加工性に優れ、見た目も美しいので仕上げの部分に多く用いられています。
木材の中でも空気を多く含んでいることから、調湿性と断熱性が高いのが利点です。
ヒノキは加工がしやすい上に耐久性も高く、見た目も優れる万能な木材です。
水分に強く経年劣化しにくい特性から、構造部分に多く用いられています。

赤ちゃんや子供にとっても木の家が良いと言われるのはなぜ?

小さなお子さんも快適に暮らせる住宅を購入したい時には、自然素材をたっぷりと使った木の家を選ぶのがおすすめで、温かみがあるだけでなく子供の心身に優しい生活を始められます。
木はコンクリートと比べても柔らかい素材なので、お子さんが室内で転んだ時に受ける衝撃を和らげる効果も期待できて、大怪我をするリスクを減らせるところが魅力です。
壁や床などの木目を見ているだけで心を落ち着かせる効果もあり、お子さんの精神が安定した状態で過ごせる住宅を求めている時にも役立ちます。
音を吸収する効果で優れているのも木材を選ぶ理由で、周囲の騒音が気になって赤ちゃんが寝付けなくて困っている方々にも最適です。
木は燃えやすいというイメージを持っている人もいますが、火災に強くて延焼を防ぐ効果を期待できる木材もあるので、防災を意識して住宅デザインを決めたい時にも木の家は選ばれます。
湿度を調整する効果のおかげで、カビの発生を防ぎやすいのも木の家の魅力です。

木の家に関する情報サイト
木の家の豆知識

当サイトでは、人気を集めている木の家について、豆知識や基本情報を詳しく紹介しています。
木の温もりを感じられる家を建てたいのなら、参考になるかも知れません。
憧れる人も多い、木で出来ている家を建てるにあたっての留意点も解説しています。
ほかの建材とは異なる木材をメインに使った家ならではの注意点を知っておくと安心です。
また、木造の注文住宅の相場額はどれくらいかも解説しています。
予算を考える際の参考になるはずです。

Search